労務問題、契約交渉、紛争解決、顧問弁護士は法の立場で会社を守ります。

顧問弁護士のメリット

顧問弁護士は顧問先の実情を十分に把握しているので、より迅速により適切な解決方法を選択することができる

顧問弁護士に依頼することにより得られるメリットについては、顧問契約をすることによって、法律相談は通常無料となりますので、気軽に相談することができるという点が挙げられます。また、急に相談したい案件ができた場合にでも、優先的に相談に乗ってもらうことができますし、電話やメール、FAXでも相談することができます。

さらに、日頃から顧問先の実情を十分に把握していますので、より迅速により適切な解決方法を選択することができるという点も挙げられます。 顧問契約を結んでおらず、初めて会う弁護士に相談する場合には、弁護士事務所に連絡し、事務員に相談内容を伝えます。相談の可否を確認し、かかる費用を確認した後に、日程調整を行います。そして、やっと弁護士に相談することができるという流れとなります。相談するのに手間と時間がかかってしまいますので、気軽に相談するというわけにはいかず、結果、相談時期を逸してしまい、問題が深刻化する可能性があります。 

契約交渉に際して、事前に弁護士から指南を受けられるので、契約交渉を有利に運ぶことも可能となる

顧問弁護士がいる場合には、前述しましたような手順を、省略することができますので、相談時期を逃すというリスクを回避することができます。問題が発生した後に弁護士に依頼したのでは、最初に自社の業務内容から説明することになりますので、時間がかかります。そして、短時間で十分な理解を得られるとは限りません。継続的に相談を持ちかけている弁護士のようには、自社の業務内容や社内の実情を、把握してもらうことを期待することができません。 

顧問弁護士がいれば、気軽に相談することができるという点が、非常に重要となります。契約交渉に際して、紛争になりがちなポイントについて、事前に相談することができますので、顧問契約を結んだ弁護士から指南を受けた上で、契約交渉を行うことができます。契約交渉を有利に運ぶことも可能となります。 

詳しくは顧問弁護士相談サイトをご覧ください。

紛争を未然に防ぐことも、紛争が起こった際には、合理的に解決をはかることも可能

実際に紛争が起きてしまった場合には、第三者的な目線から冷静に観察し、紛争解決のアドバイスを行なってもらうことができ、法に則した合理的な紛争の解決をはかることができます。このように、顧問契約を結んだ弁護士がいることで、紛争を未然に防ぐことも、紛争が起こった際には、合理的に解決をはかることも可能となります。

また、会社に顧問契約を結んだ弁護士がいるという事実だけでも、その会社の信頼は増します。会社の顧問の弁護士には、社内の誰でもが相談することができますので、従業員に安心感を与えることもできます。

最新投稿